下札関連

 

下札関連

 

下札

下札を作成する際には、素材選びから始まり、デザイン表現や加工方法を決めていく必要があります。下札の素材は一般的には紙ですが、樹脂フィルムなどの特殊素材も用いられることもあり、それぞれに多種の銘柄、素材の厚さなどが存在します。また、デザインを再現するにあたっては、印刷(オフセット、シルクスクリーン)や箔押し、エンボス等の表現方法があり、加工においても表面にニス引き、PPフィルム貼り、最終仕上げ時の型抜き等、仕上がりのイメージによって仕様が決定されます。
下札には商品情報を印字する場合が多く、サーマル転写、インクジェット等の加工対応が可能です。

フラッシャー/台紙

ジーンズやパンツなどのポケット部分等に付けるタグをフラッシャーといいます。このフラッシャーは商品のイメージを引き付けるアイテムである他、下札の代用として使用されることもあります。台紙はフックをつけて什器に吊るすためのヘッダーとしての用途や、袋の中に商品とともに封入され、商品アピールや形状維持の効果をもたらす用途でも使用されます。素材は紙が一般的ですが、樹脂などの素材が使われる場合もあります。

 

紙帯、襟キーパー

紙帯は商品演出の1アイテムであり、ソックスやタオル、畳みのシャツなどに用いられ、その用紙の種類、帯巾もそれぞれイメージや用途で異なります。襟キーパーとはシャツの襟の形を整え真っ直ぐに保つためのアイテムで、襟裏に挿入する芯や、襟の両方を支えるよう正面に配置される仕様もあり、ロゴなどの宣伝効果を生み出します。

シール

下札と同様に商品情報を印字するためのシール、商品管理のためのセキュリティーシール、販促用のシールやステッカー、カッティングシートなど様々なシーンで使用されるアイテムがあります。

 

ロックス

下札本体にあらかじめ紐がつけられている場合もありますが、昨今では他のアテンションタグ類と同時に下札をロックスで商品に取り付ける傾向があります。ロックスには繊維系素材、樹脂系素材等があり、その種類、形状、色も様々です。例外としてロックスの代わりにボールチェーンなどが使用されることもあります。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました